ポタアンHA-P5とイヤホン その2

時間が空いたので家電量販店へ試聴に行ってきました。
前回ケーズだったので今回はヤマダへ。

予想よりもたくさんのイヤホン・ヘッドホンが試聴できました。
オーディオにかなり力が入っているようです。


ヘッドホンに関してはやはり店内の騒音が影響してまともな試聴はできませんでした。


Panasonic RP-HD10 まともな音で聴けなかった



量販店でのヘッドホンの試聴は難しいですね。
この程度の騒音で聴けないと屋外での使用に耐えられないと思うのですが。




イヤホン試聴での基準は前回購入したこいつです。

audio-technica CKR5






もちろんポタアンも使用しています。
TEAC HA-P5
これが無いと始まりません。





ポタアンHA-P5とイヤホンCKR5の組み合わせは、個人的に非常に満足な音を出してくれています。
長時間悩んで購入しただけあって、日本のポップスから洋楽、ジャズ、クラシックまでなんでもOKです。

今回これを基準として聴き比べてみました。



・待望のMDR-XB70

これまでXB50は聴くことができたのですが、XB70は置いてませんでした。
ネットでは「XB50を買うならXB70の方が絶対オススメ」とか見かけるので気になっていました。

今回初めてXB70の試聴とXB50との聴き比べができました。




残念ながら、何度聴いてもほとんど差が感じられません。
好みの差なのか、それともポタアンが入って低音が引き締まってXB50でもいい音に聴けるのか。
(店内の雑音が影響してる?)

これなら迷わずXB50を買います。



・重低音のHA-FX33X

他にも重低音が売りのイヤホンがありましたので試聴してみました。




残年ながらこちらも私の好みではありませんでした。
やはりこれならXB50を選ぶと思います。



・ヘッドホン ソニー MDR-1A

ダメ元でちょっとヘッドホンも試してみました。
これは非常に有名なヘッドホンですね。




予想外(量販店ではヘッドホンの試聴はダメと思ってたので)というか、評判通りというか、とても良いですね。
遮音性については詳しく分かりませんが、他のヘッドホンの時に感じた低音の不足もなく、高音が刺さることもありません。
非常に聴きやすく、それでいて繊細な高音も出ていました。
思わず欲しくなります。



・ヘッドホン audio-technica ATH-WS770

もう一つヘッドホン試してみました。
これは重低音タイプのものです。




これもなかなか良かったですが、MDR-1Aを聴くと高域が残念ですね。
価格差もありますし、傾向も違うのですけど、これなら少しお金を貯めて1Aを買うと思います。



・お買得ハイレゾイヤホン ELECOM CH1000

このイヤホンはネットでも非常に有名な破格に安価でハイレゾを謳うイヤホンです。

ELECOMというとパソコン周辺機器メーカーのイメージがあるので「想像以上にとても良かった」という評価がたくさん見られます。
その反面「同価格帯ならハイレゾ関係なくもっと良いのがある」という評価も見かけます。

確かに“ハイレゾ対応”というのは売り文句ですから、音の善し悪しとは無関係ですからね。
いずれにせよ、ぜひとも試聴したかった機種です。

ここではもうワンランク上のCH2000とCH3000も比較試聴できました。




(どうせハイレゾは看板だろうと低く見ていたのですが、、)
思ったよりも「良かった」です。
なかなか繊細な高音が出ていました。

「低音が出ない」という評価も見ていたのですが、そんなことはありません。
それほど低い音を前面に出してないのですが、バランスの良い音だと思います。

CH2000の方が低音が出ますが、バランス的にはCH1000も良いと思います。



CH3000


個人的にはCH3000の音が一番良かったのですが、耳の形状にまったく合わず、ポロポロ落ちてしまいます。
CH1000と2000は良く似ているのに、3000だけ別形状です。
見た目ロボットみたいで落ち着きもないですし、このデザイン変更は残念ですね。



別シリーズですが、CH2000の左に写っているイヤホンがはるかに良かったです。
EHP-R/HH1000Aという機種になります。






先のCH1000〜3000とは別物です。
価格帯が違うので「別格」といって良いと思います。

せっかく買うならこのクラスだと思い知らされました。



・audio-technica CKR10とJVCのウッドドーム FX-750

ELECOMの高級品を聴いたついでに他社の高級品も聴いてみました。

今回基準として使用しているCKR5の最上位機種CKR10。
それと、前回も試聴したJVCのウッドシリーズの上位機種FX750です。

画像


まずCKR10ですが、これはもうCKR5とは別物ですね。
これは確かに高音質です。

FX750はFX650と同様とても暖かみのある音質で、聴き疲れのしない音です。
低域から高域まで繊細で綺麗な音が出ます。

是非とも欲しいイヤホンですが、これも結構なお値段がします。



・オープンタイプのヘッドホン ATH-AD1000X

最後にもう一台ヘッドホンを試してみました。
audio-technicaのヘッドホンです。
形状から見ても外音でまともに聴こえないようにも思いますが、とりあえず聴いてみました。



予想に反してすばらしい音です。
密閉具合とは関係ないのかもしれません。
店内の騒音も聞こえてきますが、それとは関係なく音楽も聞こえます。
低音から高音までスッキリと綺麗な音で聴けました。

値段も結構高いので、実際に買うときはもっとちゃんと聴き比べしますが、先ほどのMDR-1Aと合わせて候補にしたいと思います。

それにしても、まともに試聴できるヘッドホンとそうでないのと、何が違うんでしょう?



・・・感想・・・

今回の基準はイヤホンCKR5とポタアンHA-P5の組み合わせです。
プレイヤーはiPhone6 PlusでONKYO HF Playerで再生しました。

XB50・EX450などと競った上で買ったCKR5ですが、やはりとても良いです。
ポタアン HA-P5との相性も良いのか、引き締まった低音と繊細な音のバランスが良いです。

今回聴いたイヤホンの中で1万円前後くらいのものでは「CKR5をはるかに越えた!」と思える機種はありませんでした。
CH3000の音はCKR5を越えたと感じましたが、形状の悪さで耳に合いません。
CH1000やCH2000は予想以上に良かったのですが、今から買い足そうとは思えません。
それくらいHA-P5とCKR5は良いと思います。


audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ブラック ATH-CKR5 BK
オーディオテクニカ
2014-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ブラック ATH-CKR5 BK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



はっきりと良いと感じたのは2万円前後の製品になります。
さすがにこのクラスは格の違いがありますね。

初めて聞いたELECOMですが、HH1000Aは是非とも欲しいです。



他にもこれまでに聴いたシリーズの最上位機種はどれもすばらしい音ですし、JVCのウッドシリーズも手に入れたい製品です。

お金が貯まって次に買い増すときは、このクラスに手が出せたら言うことなしです。



しかしながら、値段差がかなりあるので、コストパフォーマンスではCKR5が上回ると思います。
それくらい5000円くらいの価格帯の製品はどれも良くできています。

個人的な音の好みとHA-P5との相性もあって、私はCKR5にしましたが、他のポタアンとイヤホン組み合わせでも良いものがあると思います。

2万円を越える高級イヤホンでもポタアンが無ければ5000円の機種との差が分かりにくいものもあります。
せっかくの高品質も活かしきれないと無意味ですから、あらためて試聴は大事だと思いました。


イヤホンとポタアンとどちらを先に買っても良いと思いますが、はやり両方揃ってこその高音質です。
私の場合はまずポタアンを買って、それからイヤホンという順になりましたが、逆でも良いと思います。
(好みのイヤホンを買って、それから相性のいいポタアンを探す)

ただしポタアンの選択肢が少ないのと、試聴できるところが限られるので、どちらかといえば決め打ちでポタアンを買う方が簡単です。

私は「見た目」と「機能」と「日本製」でTEAC HA-P5にしました。
クセがなく非常に聴きやすい音で満足しています。

選ぶ基順は人それぞれですから、気に入った商品に巡りあったときが買い時です。
おかげで楽しい日々が過ごせています。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たかくん
2016年06月04日 09:36
ネットサーフィンしてて辿り着きました!
岐阜在住の30代男です!
ボクも2年前に家を建てたときにシアタールームを造りました(^^)

設備は初期に導入したままですが、プロジェクターはLVP-HC4000、AVアンプはMARANTZのSR6007、プレーヤーはMARANTZのUD7006、スピーカーはKEFのE305を使ってます。
オーディオがMATANTZの古いものを使っているので、揃えてみました(^^)
オーディオ用のスピーカーはB&WのCDM7NTを使ってます。
このスピーカーをシアター用にも使用し、7.1ch環境を作りたいなと思いつつ、何もできていません笑

こちらのブログで勉強させていただきます(^^)

また、トランペットも趣味でやってますので、そのお話もできたらなと(^^)

よろしくお願いします!
2016年07月01日 14:36
コメントありがとうございます。
ホームシアターおめでとうございます。
わが家のシアターはハイエンドとはほど遠いですが、楽しいシアターライフを送っています。
最近はポタアンで音楽も楽しんでます。
トランペットとカホンはちょっと休憩中ですが。
趣味はたくさんある方がいいですね。

この記事へのトラックバック