近未来アイテムを買ってみた。 VRゴーグル BOBOVR

ホームシアターとは違う世界ですが、こんなおもちゃを入手しました。




VRゴーグル(VRメガネ)と言われるものですが、
これはスマートフォンを使って「VR映像」を楽しめる商品です。
だいたい2000円〜3000円くらいで色々なのがあります。


パソコンを使った本格的なシステムはとても高額です。
全部で20〜30万円くらいでしょうか。

SONYのPS4とPSVRのセットでも10万円です。
ちょっと手が出ません。


スマホとこの安価なゴーグルで手軽にVRが体験できるので、試してみる価値はあると思います。





VR = Virtual Reality
(ヴァーチャル・リアリティ)

「仮想現実」とも言われますが、簡単に言うと「まるでその場にいるような感覚」になれます。

単純な3D映像との違いは視線や顔の向きに合わせて画面の映像が変わる点です。
「自分が振り向いたら画面の景色も振り返る」これがVRです。


スマホでVRを楽しむのに必要なもの

・スマホ(ジャイロセンサー付)
・VRゴーグル
・VR用コンテンツ
(VR動画もしくはVR対応のゲームなど)

この3つです。


私のスマホはiPhone7 Plusです。
ジャイロセンサーが内蔵されています。

今回VRゴーグルを買いましたので、あとはVR用コンテンツを用意するだけでVRが体験できます。





YouTubeにVR動画がいっぱいあるので、YouTubeアプリを使って無料でVR体験ができます。

iTunesストアで検索すればVR対応ゲームもいっぱい出てきます。



こんなVRアプリがたくさんあります。無料のものも多いです。



それでは購入したゴーグルを紹介します。



かなり大きな包みで送られてきました。


比較対象に2Lのペットボトルを置いてみました。


スキーのゴーグルくらいを想像していたのでちょっと予想外の大きさでした。

購入したのは「BOBOVR Z4」というゴーグルです。
ゴーグルにヘッドホンが内蔵されたタイプです。

安物ゴーグルのなかでは上級品ですね。







付属品はほとんどありません。
レンズ拭きクロスと説明書だけです。

説明書がありますが英語と中国語です。

何やらアプリをダウンロードするように書いています。
やってみましたが中国のiTunesストアには接続できませんでした。
無視して良いでしょう。




半透明の前面パネルにBOBOVR Z4のロゴマークが付いてます。
(キズが付かないように保護フィルムが貼ってます)

見た目は思ったよりもカッコいいですね。




ヘッドバンドはマジックテープ式です。



この写真ではベルクロだと紹介されていますが、ベルクロではありません。
こういう予告無しの仕様変更があるのも中国製品の特徴です。

しかしこれはこれで正解だと思います。
着けた状態で好きな長さに調節しやすいです。





フタを開いてスマホを入れます。
iPhone7 Plusでぴったりの大きさです。



枠に合わせてスマホをセットして、フタについているクリップで止める仕組みです。
しっかりしていて使用中にスマホがずれることはありません。

私のiPhone7 plusはケースの上にバンカーリングを貼っていますが、これでも問題なく入りました。

※バンカーリングが真ん中にあると少し邪魔かもしれません。




イヤホンが付いていて、これをスマホにさすだけでゴーグルのヘッドホンから音が出せます。
iPhone7からイヤホンジャックがなくなりましたが、フタに隙間があるのでLightningコネクタ変換を使っても問題なく着けられます。


一点だけ残念なのは、イヤホンケーブルがゴーグルの左側にあることです。

iPhoneは普通の動画なら左右どちらでも倒せますが、倒れる方向が決まっているアプリもあります。
そういうアプリは基本的にLightning端子を向かって右側に倒すようになっています。

iPhone7ではLightningにイヤホンを付けるので、この場合イヤホンの位置が左右逆になります。





このように反対側までイヤホンケーブルを引っ張る事になります。
問題なく使用できますが、ちょっと残念な仕様です。

やはりiPhone7ではBluetoothのイヤホンが便利です。
(これについてはまた別に投稿します)





これがレンズです。
レンズにも保護フィルムがついてます。

考えてみると単純な構造ですね。
レンズが2個付いていて、これでスマホの画面を拡大して見る仕組みです。

スマホの画面を2分割して、それを左右の目で別々の画像を見る事で立体視を実現しています。

※サイドバイサイド(SBS)という方式です。




このようにメガネも入ります。
(JINSの一般的なスクエアタイプのメガネ)

メガネも使えますが、メガネ着けるよりも裸眼の方が立体感があります。
レンズに近いほうが臨場感が得られるのだと思います。

私は近視(0.1より悪いくらい)なので普段はメガネですが、このゴーグルでは裸眼でちゃんと焦点が合わせられました。
メガネを使うよりも見やすくて良いです。

ただし左右の視力がバラバラの人はメガネが必要かもしれません。





サイドのダイヤルで目の焦点距離を変えられるのですが、自由度は高くありません。
スマホを固定したパネルごと動くだけです。

上の写真のように多少は斜めにできるのですが、左右のレンズが独立して調節できるわけではありません。
これには注意が必要です。


この焦点調節のダイアルは視力矯正ではそれほど使えませんが、動画によって異なる焦点位置を調整するのに非常に重要です。

(3Dの焦点位置が動画によって様々です)




この真ん中のダイアルで左右レンズの間隔が調整できます。

これと両サイドのダイアルを使って、自分にちょうど良い焦点位置を決めます。

VR動画を何本か続けてみていると焦点がずれてしまいます。
この調整がしやすいのは重要なポイントだと思います。




<使ってみた感想>


初めて使った人は感動を覚えるレベルです。
ぜひ一度は体験しないとダメだと断言できます。


実はヘッドマウントディスプレイ(HMD)というのは20年くらい前からある商品です。
パソコンのモニターを小さくしてゴーグルに埋め込んだような商品で、当時「2m向こうに50インチの大画面」というような宣伝文句でした。

(実際には10cm先に13インチくらいに見えます)



VRゴーグルもHMDの1種です。
ゴーグル自体はただのレンズだけですが、スマホのディスプレイの性能が昔のパソコンのモニターとは段違いなので、当時とは別次元の映像が楽しめました。

毎日2.5mの位置から100インチスクリーンで映画を見ている私でも、同じくらいに感じられました。
これなら狭い空間でも一人ホームシアター体験が可能です。



VRの3D動画や180度・360度の動画に関しては、もう言葉で説明が難しいです。
こんな時代になったのかと驚くばかりです。

ぜひ体験してみてください。




<視野角について>

このゴーグルは視野角120度と広いそうです。

実際の角度がどれくらいかわかりませんが、確かにVRに没頭できるくらいの広さがあります。
スマホやゴーグルのフレームが気になるような事はありません。

この角度が狭いと視界にVR画面の切れ目が見えてしまうそうです。


これは使用するスマホとの兼ね合いなので、注意が必要です。

もっと小さい画面のスマホの場合は、あまり視野角が広くないタイプが良いかもしれません。
ケースバイケースだと思います。

私が今回使った感じでは、iPhone7 plusのような5.5インチスマホならBOBOVR Z4は良い選択だと言えます。



<音に関して>

内蔵ヘッドホンの音ですが、特に問題ないレベルの音で聴こえます。
特筆するほど良い音でもありませんが、悪すぎて困るほどでもありません。

イヤーパッドの位置はスライドで伸び縮みするだけなので、人によってはベストな位置にできないかもしれません。
また多少は音も漏れますし、逆に外からの音も聞こえやすいと思います。

VRという性質上、動画やゲームに没頭するならインナーイヤーの方が良いかもしれません。


【注意】
視覚と聴覚を完全にVR側にしてしまうのはある意味危険です。
火事などにも気付けなくなりますし、そこまで大事じゃなくても来客などにも対応できなくなります。
これはVRに関する注意事項ですね。



<操作性について>

スマホ操作が必要な場面ではフタを開いて画面タッチが必要です。
これはスマホを使う以上避けては通れない問題です。




ゴーグルの下面にOKボタンとボリュームが付いています。

「OKボタン」を押すと静電タッチバーが出てくる仕組みですが、iPhoneは全く反応しません。



タッチバーが飛び出したところ


iPhoneはこれをタップと認識しないようです。
(他のスマホについては分かりません)


またボリュームを回しても音量は変化しません。
こちらもiPhoneは使用不可です。


ボリュームとしては機能しませんが、動画の場合はクリックすると一時停止します。
もう一度クリックで再生します。
これはちょっと便利です。


{2017年3月4日修正}
再度確認してみましたところ、ボリューム上下しました。
普通の純正リモコンと同じ操作が出来ます。
訂正しておきます。



iPhoneのコントロールに関してはゴーグルのヘッドホンよりも別のイヤホンの方が便利良さそうです。

{2017年3月4日追記}
上記訂正のようにゴーグルで純正イヤホンと同等の操作が出来ます。
それでも実はもっと操作性の良いイヤホンがあるので、また後日紹介します。



なお、Bluetoothのリモコンなどがありますが、iPhoneをまともにコントロールできるものはありません。
iOS対応とかいてありますが、操作できるのはイヤホンと同様にボリュームと一時停止くらいです。
騙されてはいけません。

これはAppleのせいなので当分は無理だとあきらめましょう。


VR動画に関してはBluetoothキーボードでコントロールできる可能性があります。
これについてもまた別に投稿します。




さて、今回は興味半分で購入したVRゴーグルの紹介でした。
次回は最初の設定とかVR動画の再生方法などを書こうと思います。
(もしくはBluetoothイヤホンについて書きます)


<修正>
Bluetoothイヤホンについて投稿しました。


2016年がVR元年と言われているそうです。
それからちょうど1年経って、かなり実用レベルになってきている感じです。

安いゴーグルでも大丈夫なので、まず試してみられる事をオススメします。



<3/21追記>

VRアプリはものすごく電池を消耗します。
出来る事ならスマホを充電しながら使用したほうが良さそうです。

私はiPhone7なのでゴーグルに内蔵のヘッドホンを利用するにはLightning変換を使用しています。
これだと充電が出来ません。

やはりヘッドホンの付いてないVRゴーグルを買って、Bluetoothイヤホンを併用するほうが良いですね。
充電を気にせず使用できますし、操作性も向上して便利になります。

Bluetoothイヤホンは次の投稿で紹介してます。
参考にどうぞ。



<4月30日追記>
ヘッドホンの付け根が壊れてしまいました。
プラスチックに直接ネジで取り付けてあり、そのプラスチック部分が割れてました。
壊れて初めて分かる粗悪な作りです。

ヘッドバンドだけを何とか取り付けて、ヘッドホン無しのVRゴーグルにして使用中です。
やはりVRゴーグル+Bluetoothイヤホンの組み合わせをオススメします。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック