ヘッドホン導入 お買い得なK701

紆余曲折があってヘッドホンを購入しました。

AKGの超有名ヘッドホンK701です。





事の発端はイヤホンです。
以前のブログで絶賛したELECOMのイヤホンがすごく値下がりしているのです。

EHP-R/HH1000A

何度も試聴しました。
手持ちの5000円クラスのイヤホンとは別格の高音質です。






もともと定価38000円(前回のブログで実売2万円)のイヤホンですが、eイヤホンさんで13000円(しかもポイント10倍)で買えてしまいます。
これはお買い得なので、思わず即買いしそうでした。


今メインでつかているのはintime(アンティーム) 碧 SORAです。
これにウレタン製イヤーピースを付けています。




これは5000円とは思えないほど繊細な音ですし、ウレタンピースの効果もあって低音もそれなりにきれいに出ています。


しかしそれでもELECOM HH1000Aには到底及びません。
HH1000Aはもっと別次元で高音質です。

高域は艶があって耳に刺さることもなく、それでいて低域もしっかりと出てきます。
とてもバランスのよい音でぜひほしいイヤホンでした。

しかもMMCXでリケーブルできます。
TEAC HA-P5を持っている私にとっては4極GND分離を試せるという楽しみもあります。
(OPPO HA-2などと同じ4極分離対応アンプです)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TEAC - HA-P5-S(ポータブルヘッドホンアンプ)【在庫有り即納】
価格:36059円(税込、送料無料) (2017/9/25時点)






おそらくELECOMも新製品に切り替わっているので、HH1000Aも生産終了なのでしょう。
1万円ちょいですから絶対に買って損はありません。



というわけでHH1000Aを購入予定だったのですが、、、

思い留まりました!!



屋外の場合は音漏れもありますし、雑音の影響も受けますから、カナル型のイヤホンが良いと思います。

しかし私の場合ほとんど屋内(自分の部屋)で音楽鑑賞します。
それならイヤホンよりもヘッドホンのほうが聞きやすいのではないかと思うのです。


またイヤホンは耳にフィットさせるのに手間がかかります。

特にウレタンピースは完全にフィットするまで時間がかります。
(一度つぶしてから耳に入れて、膨らんできて耳にフィットさせる)

完璧にフィットして「さぁ音楽を!」と思ったところで嫁に用事で呼ばれたりすると、また最初からやり直しです。
この作業を繰り返すのはとても面倒です。


ヘッドホンだと装着するだけでOKです。
すぐにベストな状態で音楽を聴くことができます。


それに専用ルームで音楽鑑賞する姿をイメージすると、スピーカーもしくはヘッドホンがしっくりきますね。
(あくまでも主観ですが)


もちろんスピーカーでもいいのですが、夜でも気にせずに音楽を楽しむとなると、ヘッドホンは有利です。
(防音室ではないので、夜中に音楽鑑賞は家族・近所迷惑です)



というわけで、イヤホンHH1000Aからヘッドホンへ方向転換しました。


以前HH1000Aを試聴した際にもヘッドホンを何台か試しています。

SONYのハイレゾヘッドホンの定番MDR-1Aは評判通りの高音質でした。
繊細な中にも低音がしっかりしていて、劣悪な試聴環境でも良い音を出してました。

それとオープン型ヘッドホンATH-AD1000Xが非常に良かったのを覚えています。
低音から高音までとてもスッキリとしていました。





オープン型のほうが、「こもらない」ので繊細な音が出せるそうですね。

音が外に漏れますし、外の音も入ってきますが、部屋で聴くので問題ありません。



自分の好みの音質としてはオープン型がいいのですが、オープン型は高額なものがほとんどです。
上のAD1000Xも38000円です。

今回はHH1000Aが1万円ちょっとで買えるという話からスタートしているので、3万円オーバーでは意味がありません。



そこで飛び込んできたのがAKGの銘器K701です。



SoundHouseさん AKG K701のページ
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/5422/




元はびっくりするほど高額な商品(8万円とか)ですが、徐々に下がって3万円くらいになっていました。
それでもまだまだ高額な部類です。


ところがSoundHouseさんで破格で取り扱っていることを発見!
驚きの14000円!

HH1000Aが1万円どころの騒ぎではありません。
破格中の破格です。

SoundHouseさんなので商品の心配はありませんし、保証もしっかりしています。
即購入となりました。






後期型ですからヘッドバンドのコブはありません。
スタンドのロゴもマークではなく「AKG」です。





オーストリア製のころはここに明記してあったのですが、中国製になってから無くなってます。
(ヘッドバンドの裏に「Made in China(P.R.C)」のシールが貼ってあります。)




発売から10年以上経っていますが、AKGのフラッグシップ・モデルです。
音は最高です。

※K701は2010年に生産終了しています。




それほどインピーダンスが高くないのでiPhoneに直接つないでも音量は出ていますし、ヘッドホンの良さはわかります。

ところがポタアンを通すとまったく別物になります。
驚くほど高音質です。


細かい聴き比べはこれからですが、少し聴いただけではっきりと違いが分かります。
これまでのイヤホンとは住む世界が違います。

これは今後の音楽鑑賞が楽しみになりました。





業務用ヘッドホンにしてはデザインが良いですね。
一般家庭用としても十分かっこいいヘッドホンです。


国内でも正規品の取扱は終了しており、直輸入のショップが数件あるだけです。
そろそろ在庫が底をつくかもしれません。

気になる方はお早めにどうぞ。







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AKG K702
価格:31396円(税込、送料無料) (2017/9/25時点)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • INAIR360

    Excerpt: 6月中頃、クラウドファンディング開始予定ですクラウドファンディング開始前に試聴会が開催されますBluetoothモデルもあります  世界初! イントラコンカ型でもカナル型でもない不思議なイヤホン("イ.. Weblog: 発明屋 racked: 2018-04-02 21:56